ここから本文です

(スーチーの軌跡)逃した機会:4 議員拘束、NLD封じ

朝日新聞デジタル 8月21日(日)16時0分配信 (有料記事)

 ミャンマー・ヤンゴンで大学生らのデモが鎮圧された1996年12月ごろ、アウンサンスーチーらが率いる国民民主連盟(NLD)メンバーのタンウィンのもとに「副党首宅に来るように」との知らせが届いた。
 タンウィンは軍事政権が実施した90年の総選挙でヤンゴン市内から立候補し、議員に当選していた。選挙はNLDが圧勝したが、軍政は国会を開かなかった。
 当局の監視を振り切るため、路線バスを乗り継ぎ、市内の高級住宅地にある副党首宅に着くと、他の議員らも集められていた。「党の政策決定権を党首アウンシュエと書記長スーチーの2人に委ねる」との委任状への署名のためだった。……本文:1,383文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:8月21日(日)16時0分

朝日新聞デジタル