ここから本文です

iPhone 7とiPhone 7 Plusのモックアップをチェック

ITmedia ニュース 8月21日(日)12時9分配信

 Alibaba.comで販売されているiPhone 7およびiPhone 7 Plusのモックアップを購入してみた。

 Dラインのボディラインがなくなっている。

 このラインがなくなっただけで、かなりスッキリした感じになる。

 iPhone 7モックのiSightカメラは大きくなっていて、ボディから盛り上がった形で埋め込まれている。

 iPhone 7 PlusモックのiSightカメラはデュアルになっており、こちらもボディから盛り上がった形で埋め込まれている。

 iPhone 7とiPhone 7 Plus モックの底面には3.5mmヘッドフォンジャックがなく、iPhone 6sとiPhone 6s Plusの右側にある穴が左側にも同じだけ並んでいる。

 これは、iPad Air 2・iPad mini 4のデザインに似ている。

 iPhone 6s PlusとiPhone 7 PlusモックのFaceTimeカメラ位置を比較してみると、レシーバーの長さが異なっているのが確認できる。

 このレシーバーサイズの違いにより、iPhone 6sとiPhone 6s Plus用の液晶保護フィルムは使用できないと考えられる。

 iPhone 6sとiPhone 7モックのレシーバー回りを比較してみると、環境光センサーが、現在の左側ではなく右側に移動しているようで、それが分かる穴として空けられている。

 iPhone 6sとiPhone 7モックのボリュームボタンを比較すると、ボタンとボタンの間にあるヘコミがなくなっているようだ。

 0.2mmボタンの高さが上がり、ボタン部品の実装方法が変更になった可能性がある。

 iPhone 6sとiPhone 7モックのiSightカメラ回りを比較してみた。

 iPhone 7のiSightカメラには光学式手ブレ補正が搭載されると噂されており、またレンズサイズが大型化されることから、カメラセンサーサイズがアップされると考えられる。

 iPhone 6s PlusとiPhone 7 PlusモックのiSightカメラ回りを比較してみた。

 iPhone 7 PlusのiSightカメラはデュアル構成となると噂されており、Android系デュアルカメラに対抗する新機能が期待される。
[MACお宝鑑定団]

最終更新:8月21日(日)12時9分

ITmedia ニュース