ここから本文です

ハム大谷 豪快20号王手弾実らずソフトに連敗「あれで決まってくれれば…」

デイリースポーツ 8月21日(日)6時3分配信

 「日本ハム2-3ソフトバンク」(20日、札幌ドーム)

 日本ハム・大谷翔平投手の、一時は勝ち越しとなる豪快アーチは空砲に終わった。首位攻防第2ラウンドを逆転負けで落とし、ソフトバンクに痛い連敗。「回も回だったので、あれで決まってくれればと思った」。悔しさをのみ込み、静かに振り返った。

 同点の六回。大谷ならではの高い技術とパワーでスタンドに運んだ。千賀の内角低めのスライダーにしぶとく食らいついた。低いライナー性の弾道で中堅右に突き刺す19号ソロ。二塁を回り、ベンチへ向かってガッツポーズを繰り返した。初の20本塁打に王手をかけた一発。「いい感じで打てました」。しかし八回に逆転を許し、勝利の一打とはならなかった。

 8月は全試合に野手として出場し、打率・313、6本塁打。「好調でもないと思う。もっと工夫して打席に立たないと」と謙虚に振り返る二刀流だが、打撃練習では引っ張りにかからないように左翼ポール際を狙って打撃練習を行うなど、工夫を施す姿勢が結果につながっている。

 21日に敗れるか、引き分けるかでソフトバンクに優勝マジックが点灯する。「絶対取らないといけない。なんとか打って勝ちたい」。1・5差。まだまだ諦めるはずもない。鷹投手陣を意気消沈させる一撃を放ち、優勝争いに踏みとどまる。

最終更新:8月21日(日)7時12分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]