ここから本文です

大迫2発、開幕スタメン入りへアピール! 1部勢はライプツィヒ以外1回戦突破/ドイツ杯

ISM 8月21日(日)15時36分配信

 ドイツカップは現地時間20日に1回戦が各地で行なわれ、大迫勇也所属のケルンは、プロイセン(6部)に7対0と大勝。大迫はこの試合で2ゴールを挙げ、ブンデスリーガ開幕を前に実力をアピールした。

 この日はベンチスタートとなった大迫。しかし、チームが2対0とリードした64分、ここまでチャンスをモノにできていなかったマティアス・レーマンに代わって投入される。

 ケルンは2ゴールを奪ってから加点できずにいたが、大迫を含む3枚替えを実行すると、そこからゴールラッシュに。大迫は、5対0として迎えた79分に右足での強烈なボレーからさらに1点を加え、88分には味方のシュートの跳ね返りを今度は左足で流し込み、開幕戦での先発入りに向けてアピールした。

 山田大記所属のカールスルーエと、1860ミュンヘンの2部勢対決は、2対1で1860ミュンヘンに軍配。山田はベンチ入りしたものの、最後までピッチに立つことはなかった。内田篤人所属のシャルケは、ヴィリンゲン(6部)に4対1で勝利。フンテラールのほか、期待の新加入エムボロがゴールを挙げている。内田はひざの状態悪化に伴い日本に帰国しており、この試合には帯同していない。

 細貝萌所属のシュトゥットガルト(2部)もホムブルク(4部)に3対0で快勝。細貝はケガで離脱中となっている。

 そのほか、フライブルク、ヴォルフスブルク、ボルシアMGといった1部勢が1回戦を突破。今季から1部を戦うライプツィヒはPK戦の末に敗退が決まった。

最終更新:8月21日(日)15時36分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]