ここから本文です

メッシ+スアレス=5G バルサ、開幕戦でベティスに圧勝/リーガ

ISM 8月21日(日)16時45分配信

 リーガ・エスパニョーラは現地時間20日に2016-17シーズンが開幕し、各地で3試合が行なわれた。王者バルセロナはベティスを6対2で下し、白星発進を飾った。ルイス・スアレスがハットトリックを達成している。

 強力3トップの1人、ネイマールがリオ五輪出場のため不在となっているバルサだが、開始6分にトゥランが決めて幸先良く先制。その後1点を返されるも、37分にメッシのミドルで勝ち越すと、42分にはスアレスが決めて突き放す。

 バルサはその後、スアレス、メッシ、スアレスと交互にゴールを挙げ、82分の段階で6対1に。ベティスも84分にカストロが意地の一発を見舞ったが、試合の大勢に影響はなく、バルサが勝利を手にした。

 清武弘嗣が所属するセビーリャは、エスパニョールに6対4と、こちらも大量得点で白星スタート。フル出場の清武は序盤から何度も攻撃に絡むと、22分にはCKでビエットのゴールをアシストし、74分にはチームの6点目となるゴールを決めてみせた。

 そのほか、グラナダとビリャレアルの一戦は、1対1の引き分けに終わった。(STATS-AP)

最終更新:8月21日(日)16時45分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。