ここから本文です

スアレス「メッシは世界一、信じられない選手」 ベティス指揮官も本音告白

ISM 8月21日(日)16時46分配信

 現地時間20日に行なわれたリーガ・エスパニョーラの開幕戦で、ベティスに6対2と圧勝したバルセロナ。この試合で2ゴールを挙げ、さらにアシストでも活躍したリオネル・メッシを、同僚のルイス・スアレスが「世界一」と絶賛した。

 ホームにベティスを迎えたこの一戦、メッシは開始5分、右サイドから軽々と逆サイドのジョルディ・アルバへボールを配給。アルバのパスを受けたアルダ・トゥランがこれを決め、チームは先制に成功する。メッシはその後、強烈なボレーで加点すると、56分にはハーフウェイライン付近から独走。ベティス守備陣を引き付けてエリア内に入り込むと、トゥランとのワンツーからスアレスへ。右側で完全フリーとなっていたスアレスは、気持ち良くネットを揺らした。

 試合後、スアレスはメッシを「信じられない選手だね。彼が世界一だよ」と称賛。「こういう選手と一緒にプレーしているんだから楽しまなくちゃ」と上機嫌で話した。自身もこの日ハットトリックを達成しているスアレスは「バルサは常に優勝候補。今日の試合は、僕らがここ数シーズンのタイトルを獲得している理由を見せつけたと思う」と語った。

 一方、敗れたベティスのグスタボ・ポジェ監督は「ファンの1人として、メッシのプレーは楽しめた。それは否定しない」と告白。「だが、彼を相手にするときはあんな風に自由にやらせちゃダメだ」と、チームに苦言を呈した。(STATS-AP)

最終更新:8月21日(日)16時46分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合