ここから本文です

常磐道いわき中央-広野4車線化 9月に現地調査を開始

福島民報 8/21(日) 10:07配信

 東日本高速道路は9月、暫定2車線で開通している常磐自動車道いわき中央(福島県いわき市)-広野インターチェンジ(福島県広野町)間の4車線化に向け、地形測量など現地調査を開始する。20日に広野町公民館で開いた住民説明会で示した。 
 ボーリングなどの土質調査を行い、工事開始に向けた作業を進める。11月までの予定で、道路の構造を決定する。住民への工事計画説明を経て、今年度中にも工事に着手する。平成32年度までの完成を目指す。 
 住民説明会には約20人が出席した。東日本高速道路の成田明仁いわき工事事務所長らが工事の概要などを説明した。説明会は29、30の両日、いわき市でも開催する。 

福島民報社

最終更新:8/21(日) 10:42

福島民報