ここから本文です

若手アニメーターを応援する「寮」の増設に向け支援を募集中 低賃金問題の救済を目指して

ねとらぼ 8月21日(日)17時27分配信

 若手アニメーターのための住居支援プロジェクトが、クラウドファンディングサイト「READYFOR」にて支援を募集しています。新人のため、都内に月3万円で絵や作画の技術支援が受けられる寮を増設し、環境をサポートするのが狙いです。

【間取りのイメージ】

 2009年の日本アニメーター・演出家協会による調査によると、20代のアニメーターの平均月収はわずか9万円。さらに、2009年~2014年度までアニメ制作会社の平均収入は横ばいの状態だといいます。今回の企画者でもあるNPO法人のアニメーター支援機構は、こうした状況の若手アニメーターのため、これまでも何度かプロジェクトを立ち上げ支援しています。

 初期住居者から作画監督になった人もすでに出てきており、これまでに「ガンダム Gのレコンギスタ」作画監督・玉川真吾さん、「甲鉄城のカバネリ」アクション作画監督・川野達朗さん、「放課後のプレアデス」作画監督・空賀萌香さんなどを輩出しているとのこと。

 すでに第1の目標である「現状の寮の維持費」は達成し、現在は2017年の寮の増設(2~3人程度)に向けて募集中。場所は今年の3月にオープンした杉並区阿佐ヶ谷の寮となります。

 3000円コースから支援でき、コースによってオリジナル画像データやアニメーション動画データなどのリターンが提供されます。目標金額は250万円で、期限は10月13日23時まで。8月20日時点で151万3000円が集まっています。

最終更新:8月21日(日)17時27分

ねとらぼ