ここから本文です

「グランブルーファンタジー」2017年1月にアニメ化 メインキャラの声優は原作通り

ねとらぼ 8月21日(日)18時45分配信

 スマホゲーム「グランブルーファンタジー」のテレビアニメ化が、8月21日開催の「Cygames NEXT 2016」で発表されました。タイトルは「GRANBLUE FANTASY The Animation」、2017年1月放送開始です。

【迫力の第1弾PVも公開】

 アニメ公式サイトやTwitterもオープンしており、グランやルリア、ビィなどの主要キャラが描かれたキービジュアルや、第1弾のPVも公開されています。

 監督は、「魔法少女リリカルなのはViVid」でも監督を務めた伊藤祐毅さん。キャラクターデザインは「輪るピングドラム」「あの夏で待ってる」などの原画を担当した赤井俊文さん、アニメーション制作は「四月は君の嘘」「僕だけがいない街」などのA-1 Pictures、音楽は植松伸夫さんと成田勤さんが担当。声優はゲームと同じく、グラン役に小野友樹さん、ルリア役に東山奈央さん、ビィ役に釘宮理恵さん、カタリナ役に沢城みゆきさんの名前があがっています。

 また、オープニングテーマはBUMP OF CHICKENの最新アルバム「Butterflies」に収録されている「GO」となることも発表されています。

最終更新:8月21日(日)18時45分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。