ここから本文です

「iDL」名古屋公演でベビレ、妄キャリ、ニァピンら12組が熱唱

音楽ナタリー 8月21日(日)17時49分配信

8月14日に愛知・Zepp Nagoyaにて「iCON DOLL LOUNGE 2016 SUMMER ~東名阪Zeppツアー~」の名古屋公演が開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

アイドルによるライブとファッションショーを融合したイベントとして、これまで東京・ラフォーレ原宿や今年4月には東京・日比谷野外大音楽堂で開催してきた「iDL」。今回はイベント初となる東名阪ツアーを各地のZeppで実施する。ツアー初日となる名古屋公演にはアキシブproject、神宿、椎名ぴかりん、ぜんぶ君のせいだ。、ニァピン、プティパ -petit pas!-、ベイビーレイズJAPAN、ミライスカート、MAPLEZ、妄想キャリブレーション、ゆるめるモ!、mistressの12組が出演し、歌とファッションショーで観客を楽しませた。

ファッションショーパートは2部構成で実施。1部はZipperプロデュースのファッションショー、2部はSPINNSと藤咲彩音(でんぱ組.inc)が立ち上げたファッションブランド・Pzzzによる合同ファッションショーとなり、ライブ出演者が次々と衣装を着てランウェイを練り歩いた。

ライブパートの前半戦はmistress、ニァピン、ミライスカート、神宿、プティパ、アキシブproject、MAPLEZが登場。大歓声を受けて登場した藤咲彩音と星野にぁ(妄想キャリブレーション)とのユニット・ニァピンは、PandaBoYが手がけた「ニァピンGIRL」など3曲をキレのあるパフォーマンスで披露しフロアを大いに盛り上げた。「iDL」常連の神宿は「KMYD」「原宿戦隊!神宿レンジャー」といった代表曲を惜しげもなく歌い上げ、羽島めいが終始オーディエンスを煽ってボルテージを上げていく。先日9月末をもってグループを解散することが伝えられたプティパは、この日が名古屋での最後のライブということもあり大勢のファンが駆けつけた。1曲目の「Re:START」から情熱的に歌唱する3人は立て続けに楽曲を披露し、別れを惜しむファンの中には3人を応援しながら涙する者も見受けられた。

ライブパートの後半戦にはぜんぶ君のせいだ。、椎名ぴかりん、妄想キャリブレーション、ゆるめるモ!、ベイビーレイズJAPANが登場。地元・名古屋での開催ということでいつも以上に気合いの入ったぜんぶ君のせいだ。は、キラーチューン「ねおじぇらす△めろかおす」(△は六芒星が正式表記)からライブをスタートし、新曲「僕喰賜君ノ全ヲ」など6曲を熱唱した。ライブ中に感情的になった如月愛海は大粒の涙を流しながら歌唱を続け、会場はエモーショナルな空気に。そんな会場の雰囲気を一変させたのは椎名ぴかりんのデスボイス。彼女は拡声器を携えながらシャウトを繰り返し「魔界のI LOVE YOU」や「侵略ぴかりん伝説」など5曲を熱唱し退場する。もはやおなじみとなったファンの土下座によってステージに舞い戻った椎名は、そのまま客席になだれ込み、土下座するファンの背中に乗ったまま「ドゲザナイ」を歌い上げて破天荒なパフォーマンスを終えた。

スポーティな衣装に身を包み登場した妄想キャリブレーションは、EDMサウンドをベースとした「ちちんぷいぷい♪」からライブを開幕させ、9月28日にリリースされる新曲「アンバランスアンブレラ」など5曲を届けた。この日の大トリを務めたベイビーレイズJAPANは、序盤で「Pretty Little Baby」「恋はパニック」「Baby Kiss」とキュートなナンバーを畳みかけてオーディエンスのハートをつかむ。後半は新曲「シンデレラじゃいられない」などの熱い楽曲を投下し、ラストは代表曲「夜明けBrand New Days」でフロアの熱気を最高潮まで上げてこの日のライブを締めくくった。

なお「iCON DOLL LOUNGE 2016 SUMMER ~東名阪Zeppツアー~」の大阪公演は9月3日に大阪・Zepp Nambaにて、東京公演は9月11日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて開催される。

iCON DOLL LOUNGE 2016 SUMMER ~東名阪Zeppツアー~
2016年9月3日(土)大阪府 Zepp Namba
<出演者>アキシブproject / 神宿 / 椎名ぴかりん / GEM / ぜんぶ君のせいだ。 / ニァピン / プティパ -petit pas!- / BELLRING少女ハート / 妄想キャリブレーション / ミライスカート / mistress

2016年9月11日(日)東京都 Zepp DiverCity TOKYO
<出演者>アキシブproject / 神宿 / 椎名ぴかりん / GEM / ぜんぶ君のせいだ。 / 高橋優里花 / ニァピン / バンドじゃないもん! / プティパ -petit pas!- / BELLRING少女ハート / 妄想キャリブレーション / ゆるめるモ! / わーすた / mistress

最終更新:8月21日(日)17時49分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。