ここから本文です

ブラジルが悲願の初金メダル ネイマール号泣 W杯の悪夢払しょく

デイリースポーツ 8月21日(日)8時53分配信

 「リオ五輪・サッカー男子・決勝、ブラジル1-1(PK5-4)ドイツ」(20日、マラカナン競技場)

【写真】PK戦の激闘を制し感極まるネイマール

 地元ブラジルがPK戦の末、ドイツを破り初の金メダルを獲得した。

 ブラジルにとって14年W杯ブラジル大会で1-7と大敗した因縁の相手。「ミネイロンの惨劇」と呼ばれた苦い記憶を払拭する戦いとなった。

 ブラジルは前半27分、オーバーエージ(OA)枠の主将FWネイマール(バルセロナ)が約28メートルの直接FKを決めて先制する。

 ドイツは後半14分、右クロスをMFマイヤー(シャルケ)が右足で流し込み同点に追いつく。

 試合は延長戦も含め120分間でも決着がつかずPK戦へ突入。先攻のドイツは5人目が失敗。後攻のブラジルは5人全員が成功。最後はネイマールは右隅に流し込み、死闘に終止符を打った。

 通算13度目出場のブラジルは4度目の決勝で悲願の初優勝。勝利の瞬間、重圧から解き放たれたネイマールは、ピッチに突っ伏し号泣した。

最終更新:8月21日(日)10時38分

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報