ここから本文です

【シュートボクシング】17歳のホープ笠原が8戦全勝の快進撃

イーファイト 8/21(日) 23:28配信

シュートボクシング協会
「ヤングシーザー杯 in 花やしき~ act.3」
2016年8月21日(日)東京・花やしき

【フォト】蹴りだけでなく右ストレートも鋭い笠原

▼第5試合 メインイベント エキスパートクラス特別ルール フェザー級 3分3R延長無制限
○笠原弘希(シーザージム/SB日本フェザー級3位)
判定3-0 ※三者とも30-28
●小崎貴誠(REAL DEAL/J-NETWORKバンタム級9位)

 デビュー以来7戦全勝(3KO)でシュートボクシング(以下SB)日本ランキング入りを果たしたばかりの、期待のホープ笠原が前回の花やしき大会に続いてメインを務めた。対戦相手はJ-NETWORKバンタム級9位でRISEでも活躍する小崎。

 1R、小崎はリアルディールの選手らしく左ボディブローと左右ローを主体とした攻め。笠原はパンチのコンビネーションからハイ&ミドルキックと蹴りがよく出る。笠原が左ボディブローからの右ハイを見せると、小崎も同じ技を返す。

 2R、笠原が左ロー、左ミドル、左前蹴りと左の蹴りを多用して試合をリードし、パンチへつなげる。さらに首相撲からのヒザ蹴りを連打。ガードの上からだが強烈に何発も入る。離れると小崎はパンチで距離を詰めて行くが、小崎は下がりながらミドルを当てる。

 3R、小崎がパンチ連打で勝負を懸けると、笠原が突進をかわして右ハイキック。これがヒットし、笠原は一気にパンチのラッシュを仕掛ける。さらにガードの隙間を狙う右フックでグラつかせ、またもパンチのラッシュ。小崎もパンチで笠原をコーナーへ追い詰めるが、至近距離での右ハイを被弾。最後まで打ち合うが、笠原のパンチから蹴り、蹴りからパンチのコンビネーションが多く出た。

 判定3-0でデビュー以来の連勝記録を「8」に伸ばした笠原は、「初めてプロでキックボクシングのランカーとやらせてもらいました。これから練習を倍にしていかないと全然KO出来なくなるので、もっと練習して倒せる選手になれるように頑張ります」と、次はKOで勝つことを課題にあげた。

最終更新:8/21(日) 23:28

イーファイト