ここから本文です

竹内涼真がファンに感謝のハイタッチ、「惚れた!」と土屋太鳳のストイックさ絶賛

映画ナタリー 8月21日(日)21時52分配信

本日8月21日、「青空エール」の舞台挨拶が東京・109シネマズ二子玉川にて行われ、キャストの竹内涼真が出席した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

河原和音の同名マンガを原作にした本作は、部活に打ち込む高校生たちのひたむきな姿を描く青春ドラマ。甲子園の応援に憧れて吹奏楽部に入部した主人公・小野つばさ役を土屋太鳳が、彼女を勇気づけるクラスメイトの野球部員・山田大介役を竹内が務めた。そのほか葉山奨之、堀井新太、松井愛莉、上野樹里らが出演。

竹内は、神奈川・TOHOシネマズ 川崎、チネチッタ、横浜ブルク13、イオンシネマみなとみらい、TOHOシネマズ ららぽーと横浜の5カ所を1日で回り、109シネマズ 二子玉川で本日最後の舞台挨拶に出席した。試合用のユニフォーム姿で登場した竹内は「皆さんこの格好で来ると思っていなかったですよね?」と客席に語りかけながらキャッチャーマスクを外す。そして劇中のワンシーンにちなんで「しまっていくぞー!!」と叫び、ファンが「おー!!」と元気いっぱいに応えると、竹内は弾けんばかりの笑顔を見せた。

イベント中盤には、観客の質問に答えるコーナーが実施された。自ら指名したファンのもとへ出向き、「大好きです」と言われるたびに「告られちゃった!」と目を輝かせる竹内。「太鳳ちゃんに惚れましたか? 」という質問には「惚れた!」と即答し、「太鳳ちゃんは体育会系で自分にストイックだし……みんな、土屋クッキングって知ってますか? まな板と包丁を持ってきて、昼休憩のときに自分で料理するんですよ。あと、始球式でバウンドしちゃって泣いていたときは、久々に女の子を見てカッコいいなって思いました」と土屋の魅力を熱弁した。MCから「(始球式のあとに)太鳳ちゃんをフォローしていた竹内さんもカッコよかったですよ」と声をかけられると、恥ずかしそうな様子で「しまっていくぞー!!」と再び叫ぶ場面も。

最後に竹内は「劇中の衣装で皆さんと会えると思っていなかったのでうれしかった。映画を観終えたあとの皆さんの反応を見てエールをもらえました」とコメントし、劇場の出口でファン1人ひとりと笑顔でハイタッチを交わした。

「青空エール」は全国の劇場で上映中。



(c)2016 映画「青空エール」製作委員会 (c)河原和音/集英社

最終更新:8月21日(日)21時52分

映画ナタリー