ここから本文です

BUMP OF CHICKEN、アニメ版『グラブル』に主題歌提供

BARKS 8月22日(月)11時42分配信

BUMP OF CHICKENの「GO」が、2017年1月より放送開始予定のテレビアニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』の主題歌に決定した。

<url name="◆テレビアニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』
キービジュアル/ロゴ" url="https://www.barks.jp/news/?id=1000130049&page=2">

同アニメは、スマートフォンとパソコンで遊べるソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』をテレビアニメ化したもの。BUMP OF CHICKENがゲームのプロデューサー 春田康一氏より手紙をもらったことがきっかけとなり、主題歌を提供することになったという。番組の放送局や日時などは後日発表予定とのことだ。

なお「GO」は、2月にリリースされた最新アルバム『Butterflies』に収録されている。

  ◆  ◆  ◆

■BUMP OF CHICKEN コメント
アニメ「GRANBLUE FANTASY The Animation」主題歌をBUMP OF CHICKENの「GO」という楽曲が担当させていただくことになりました。
今回主題歌を担当させていただくことになりました経緯としては、プロデューサーの春田さんから「GO」 を主題歌に使用したいという熱い思いがこもったお手紙をいただきまして、メンバー全員その思いに感銘して、ぜひともご一緒させていただきたいと思い、主題歌として提供させていただきました。
グラブルは4人ではまっているので、とても嬉しく光栄に思います。壮大で美しいグラブルの世界がどんなアニメになるのか、放送を楽しみにしています!

  ◆  ◆  ◆

テレビアニメ『GRANBLUE FANTASY The Animation』
2017年1月より放送予定
製作:株式会社Cygames / 株式会社ANIPLEX
制作:A-1 Pictures
監督:伊藤祐毅
キャラクターデザイン:赤井俊文
音楽:植松信夫 / 成田勤
プロデューサー:春田康一(Cygames) / 鈴木健太(ANIPLEX)

最終更新:8月22日(月)11時42分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。