ここから本文です

香取ラジオで草なぎと解散謝罪 沈んだ声で「おわびします」…心の傷深く

デイリースポーツ 8月21日(日)19時3分配信

 SMAPの香取慎吾(39)と草なぎ剛(42)が21日、パーソナリティを務めるbayfm「SMAP POWER SPLASH」(日曜、後7・0)の番組冒頭、「みなさんこんばんは、SMAPの香取慎吾です。SMAPは解散いたします。SMAPを応援してくださったたくさんの皆さんに心より感謝します。そして突然のお知らせとなったことを深くおわびします」と沈んだ声で、解散を報告し、謝罪した。香取の声は弱々しく、沈んでいた。

【写真】木村拓哉の妻・工藤静香、方針示す“仏の顔も3度方式”で 「腹をくくって…」

 次いで、草なぎがコメント。草なぎはナレーションのような落ち着いた声で「SMAPの草なぎ剛です。この度、僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆さま、支えてくれた関係者の皆さま、グループ結成から28年間、本当に有難うございました。今後も精進して参りますので、引き続き温かく見守っていただけるとうれしく思います」と説明した。

 2人合わせて解散について言及したのは、52秒だった。

 2人は親友同士。5人の中で最も解散を強く希望したといわれる香取の声は、あいさつ部分が終わっても沈んだ様子で、明るく切り替えた草なぎとは対照的。「2016年夏、いつまで暑いんでしょう」「(俳優の)桐谷健太くんと海行ってきました。どしゃぶりの中、海の家行ってきました」と話す言葉も弱々しく、重く沈んだまま。

 香取を励ますように草なぎがなんども「へえ~、そう」「ほう~」などと明るくあいづちを入れ、会話を展開していたが、香取のテンションは終始低いままで、解散を決断しても、心の傷が深いことをうかがわせた。

 元チーフマネージャーの女性がジャニーズ事務所を退社後は、「虚脱感」に襲われていたという香取。20日深夜、自身がMCを務めるバラエティー番組「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)に生出演したが、解散について語っていなかった。

 SMAPは14日未明にファクスで12月31日をもって解散すると発表。18日に稲垣吾郎(42)が30秒、19日に木村拓哉(43)が45秒、20日に中居正広(44)が約1分30秒、それぞれ自身のラジオ番組の冒頭で肉声謝罪しており、この日の香取と草なぎのラジオで、メンバー全員が解散についてコメントしたことになった。

最終更新:8月22日(月)10時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。