ここから本文です

【キーンランドC展望】シュウジ、重賞2勝目へスピード発揮

デイリースポーツ 8月21日(日)22時24分配信

 「キーンランドC・G3」(28日・札幌)

 スプリント路線で飛躍を予感させるシュウジが登場する。距離短縮で臨んだ函館スプリントSは2着に惜敗したが、負けて強しの内容。A級スプリンターの資質を示す走りだった。今回はモレイラと新コンビを結成。1週前追いに騎乗し「元気いっぱい。いいフィーリング」と好感触を得た。重賞2勝目へ自慢のスピードを発揮といく。

 そのシュウジを鼻差退けたのが同じ3歳馬のソルヴェイグ。斤量50キロの恩恵があったとはいえ、レコードVは立派の一言に尽きる。「大外枠から押し切ったんだから大したもの」と鮫島師。中間の気配も極めて良好だ。

 昨年の桜花賞レッツゴードンキは函館スプリントSで3着に入り、不振からの脱出を印象付けた。2度目のスプリント戦で結果を残し、適性を証明。3歳2騎を逆転するシーンもあるか。安定感十分のアクティブミノルも上位争い。M・デムーロを確保したエポワスは洋芝を得意としており、侮れない。

最終更新:8月21日(日)22時27分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ