ここから本文です

【MLB】青木が3安打2打点! マリナーズ、PO進出圏内まで1ゲーム差

ISM 8月21日(日)15時27分配信

 シアトル・マリナーズの青木宣親外野手が現地20日、本拠地セーフコ・フィールドで行われたミルウォーキー・ブリュワーズ戦に、1番レフトで先発出場。5打数3安打、2打点をマークし、マリナーズの8対2の勝利に貢献した。

 マリナーズは3回、1死三塁の場面で青木がタイムリーを放ち、1点を先制。5回にも青木の適時二塁打で1点を追加すると、4対2の8回にはアダム・リンド一塁手、マイク・ズニーノ捕手の連続タイムリーツーベースなどで4点を奪い、試合を決めた。

 ズニーノは、8号ソロを含む2安打、3打点、クテル・マルテ遊撃手も2安打を記録した。投げては、“キング”ことフェリックス・ヘルナンデス投手が、8回を7安打、2四死球、8三振、2失点と好投し、今季8勝目(4敗)を挙げている。

 マリナーズはこれにより今季66勝56敗とし、ア・リーグのワイルドカード争いでプレーオフ進出圏内の2位ボルティモア・オリオールズに1ゲーム差としている。(STATS-AP)

最終更新:8月21日(日)15時27分

ISM

スポーツナビ 野球情報