ここから本文です

知念侑李、大野智と念願の初共演 主人公の敵役に「今までのイメージとは違う新キャラクター」

オリコン 8月22日(月)5時0分配信

 Hey! Say! JUNPの知念侑李が映画『忍びの国』(2017年夏公開)に出演し、主演の大野智と初共演することが21日、わかった。大野が演じる伊賀の忍び・無門と敵対する織田信長の次男・織田信雄を演じる知念は「今までの僕のイメージとは違う新しいキャラクターだと思います。大野くんとずっと一緒に共演したいと思っての、やっとの共演です。新しい自分を楽しみつつ、悔いが残らないよう撮影に臨みたいなと思います」と意気込む。

嵐・大野智、“忍者”役で本格アクション初挑戦

 同作は、作家・和田竜氏の小説『忍びの国』を原作に、『殿、利息でござる!』などを手がけた中村義洋監督がメガホンをとり、天正伊賀の乱を題材に織田軍と伊賀忍びとの合戦をダイナックに描く。時代劇映画初主演となる大野が伊賀最強の忍び・無門を演じるほか、追加キャストとして、石原さとみ、鈴木亮平、立川談春、知念、マキタスポーツ、平祐奈、國村隼、伊勢谷友介、でんでん、満島真之介、きたろうが出演することがこの日発表された。

 大野と初共演になる石原は、無門の妻で安芸の武家から無門にさらわれてきた女性・お国。今回も肉体改造に取り組む鈴木は、伊賀・下山家の嫡男で、ある事件により忍びに失望してしまう下山平兵衛。時代劇初出演になる立川は、伊賀を治める十二家評定集のひとりとなる百地三太夫。知念は、伊賀の国に攻め込む織田信雄。マキタスポーツは信雄の家臣・長野左京亮。時代劇映画初出演の平は政略結婚で信雄の妻となる北畠凛。その父で伊勢国を治める北畠具教を國村。剛力で名を馳せる信雄の家臣・日置大膳を伊勢谷。そうそうたる顔ぶれの実力派キャストが集結した。

 尊敬する事務所の先輩である大野との初共演に知念は、「主演が大野くんということで、個人的に念願叶っての共演でしたので、出演が決まったときは本当に嬉しかったです。今作は忍者VS侍のお話で、きっと僕を知ってくださっている方はイメージとして侍役で出演するのではないかと想像されると思いますが、今回の役は大野くんと敵対する“殿様”の役です」とコメントしている。

 撮影は7月4日よりスタート。9月末にクランクアップ予定。

最終更新:8月22日(月)5時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。