ここから本文です

【GOLF】T.ピータースが大会連覇に王手 M.フィッツパトリックは後退

ISM 8月21日(日)5時25分配信

 欧州ツアーのD+D レアル・チェコ・マスターズは現地時間20日、チェコ・プラハのアルバトロス・ゴルフリゾートを舞台に第3ラウンドの競技を終了。連覇を狙うトーマス・ピータース(ベルギー)が通算12アンダーで優勝に王手をかけた。

 予選ラウンドを67-67で回り、トップタイで週末を迎えたピータース。ムービングデーは6番からの4ホールで3バーディを奪って前半を3アンダーとすると、後半最初の10番でもスコアを伸ばす。しかし、続く11番からは連続ボギーを喫すると、残りホールはパーを積み重ねるに終わり、4バーディ、2ボギーの2アンダー70でホールアウト。それでも、後続に2打差をつけてリーダーボードの最上段を守った。

 初優勝を果たした思い出の大会で、通算3勝目に近付いた24歳は「今日は残念なショットが多くあったし、終盤はグリーンがガタついていたからパットも難しかった」と、大きくスコアを伸ばせなかった要因を分析。それでも「リラックスできているし、最終日に良いプレーをするためのゲームプランも持っている」と優勝争いへのプレッシャーは感じていないようだ。

 通算10アンダー単独2位でピータースを追うのは、8アンダー「64」を叩き出したポール・ピーターソン(米)。トップと3打差の3位タイには、ジェフ・ウィンザー(デンマーク)とロバート・ロック(英)がつけている。3位タイから出たマシュー・フィッツパトリック(英)は1アンダー71と伸び悩み、通算7アンダー6位タイに後退。ライダーカップ出場を狙うリー・ウェストウッド(英)は、通算4アンダー24位タイで最終日を迎えることとなっている。

最終更新:8月21日(日)5時25分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]