ここから本文です

まるで芸術品? 伝統カボチャ 美術館で販売

日本農業新聞 8/21(日) 7:00配信

 表面のこぶが独特な愛知県の伝統野菜「愛知縮緬(ちりめん)かぼちゃ」が、東京・渋谷のワタリウム美術館で販売され、訪れた人を驚かせている。

 売り場は館内にある美術書などを扱うミュージアムショップ。黒い布で覆った木の台に、簡単な解説文と共に一つだけ載せてある。同店の草野象店長が芸術作品のような見た目に魅力を感じ、7月25日から期間限定で売り出した。

 カボチャは、伝統野菜を手掛ける同県の農家らのグループ「あいち在来種保存会」から仕入れた。あっさりした味が特徴で、昔は県内で広く栽培されていたが、1950年代以降、西洋カボチャに押され減少。現在、数人の農家だけが作る貴重品だ。

 草野店長は「お客さんから、よく『誰かの作品ですか?』と尋ねられる」と話す。価格は1個4300円(税別)で、今月末まで販売する。問い合わせは同店、(電)03(3470)1424。(富永健太郎)

日本農業新聞

最終更新:8/21(日) 7:00

日本農業新聞

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。