ここから本文です

林恵里奈(早稲田大4年)が単複2冠を達成 [インカレテニス]

THE TENNIS DAILY 8/21(日) 9:02配信

「平成28年度 全日本学生テニス選手権大会(男子84回/女子60回)」(岐阜県・岐阜メモリアルセンター/本戦8月14~20日/ハードコート)の本戦7日目/最終日、20日は男女シングルス決勝、男女ダブルス決勝が行われ、女子シングルスは第2シードの林恵里奈(早稲田大4年)が第12シードの細沼千紗(早稲田大3年)を6-2 6-2で下し、最後のインカレで悲願のタイトルを獲得。ダブルスも制して2冠に輝いた。

1年生対決の男子シングルス決勝は小林雅哉(早稲田大)がV [インカレ]

     ◇   ◇   ◇

 10時からセンターコートで始まった女子シングルス決勝は、林と細沼、早稲田大の先輩後輩の対決となった。ともに決勝進出は初めて。特別な舞台で緊張するなと言うほうが無理だろう。序盤はお互いの硬さが目立ったが、「なかなか緊張がとれなかった」細沼に対し、林は「だんだんほぐれていった」。その差がスコアになった。

 第1セットは6-2で林が先取。これまでとは違って「浅くなってしまった」細沼のボールを前に入って叩き、ポイントを重ねた。第2セットに入っても林のペースが続く。ポジションを上げ、緩急と角度を使い、細沼を揺さぶった。ポイントがほしいときこそ、「焦って一本で決めようとは思わず、じっくりとプレーすることを心掛けた」。

 それはインカレ室内の決勝で得た経験だ。一昨年、昨年と2年連続の準優勝。優勝を意識しすぎて硬くなった。焦って攻め急いでの自滅。今回は同じ過ちを繰り返さないと誓った。1-1から4ゲーム連取で5-1とリードを広げると、最後は6-2で歓喜の瞬間を迎えた。

「やっと優勝をつかみとれた。これを目標に練習してきたので本当にうれしい」と林。インカレは1年生のときから出場し、ベスト16、ベスト16、ベスト32と「なかなか結果が出なかった」。卒業後はプロ転向を考えている。その自信を深める意味でも、どうしても欲しいタイトルだった。最後は「ホッとした」と安堵の表情を浮かべた。

 細沼は昨日の夜から、「いいイメージが浮かんでこなかった」と言う。先輩の存在が大きく見えたのか、勝てるイメージを持てなかった。「その通りの展開になってしまった」と肩を落とした。林のボールが深く、自分がしたいプレーを先にされてしまった。決勝まで好調だったサービスも、この日は不調。ファーストサービスが入らず、サービスキープは両セットとも1回ずつに終わった。

「ここまで来れたうれしさもありますけど、今は悔しい気持ちのほうが強い」と細沼。それでも「この舞台に立てたのは成長している証拠だし、練習の成果が出てきているのだと思います」と前を向いた。先輩よりも練習してきた自信はあったが、先輩の最後のインカレにかける気迫におされてしまった。

 女子ダブルス決勝は、第1シードの林恵里奈/上唯希(早稲田大学4年/2年)が第3シードの米原実令/森崎可南子(筑波大学3年/2年)を6-4 6-4で下して優勝。林はシングルスに続いてダブルスも優勝し、2冠を獲得。林のダブルス優勝は2年ぶり2回目で、上は2年連続2回目の優勝となった。

(テニスマガジン/編集部◎牧野 正)

最終更新:8/21(日) 15:14

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。