ここから本文です

レスター、岡崎の“猛チェイス”披露もアーセナル戦は前半スコアレスで後半へ!

theWORLD(ザ・ワールド) 8月21日(日)2時21分配信

昨季王者と2位の対決

イングランドのレスターが20日、本拠地キングパワー・スタジアムでプレミアリーグ第2節に臨み、アーセナルと対戦した。

前節ハル・シティとの開幕ゲームでは新戦力のアーメド・ムサに先発の座を奪われていた岡崎慎司だが、ホームでのアーセナル戦という大一番でスタメンに復帰。昨季はホーム&アウェイ共に苦杯を舐めた対戦相手だけに、日本代表ストライカーにとってはその価値を示す絶好の機会だろう。

試合がスタートし、エンジン全開の猛チェイスを見せたのはやはり岡崎。積極的に前線からプレスを仕掛けハードワークをこなすと、その猪突猛進の姿にレスターサポーターも歓声を上げる。しかしテクニックに優れた名手を揃えるアーセナルが試合の主導権を握るのはもちろんのこと、レスターはバーディが前線で上手くボールを収めることができず、受け身の時間帯が続く。チェンバレンやウォルコットといった抜群のスピードを誇る両翼が幾度か素晴らしい局面打開を見せていたアーセナルだが、完全にレスター守備網を崩し切るまでには至らない。

前半は両チーム共に思ったようなプレイを披露することができず、スコアレスのまま後半へ。


[メンバー]
レスター:シュマイケル、シンプソン、フート、モーガン、フクス、マフレズ、ドリンクウォーター、メンディー、オルブライトン、岡崎、バーディ

アーセナル:チェフ、ベジェリン、ホールディング、コシエルニー、モンレアル、コクラン、ジャカ、ウォルコット、カソルラ、チェンバレン、サンチェス

[スコア]
レスター 0-0 アーセナル(前半終了時)

[得点者]
レスター:
アーセナル:

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8月21日(日)2時22分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。