ここから本文です

大阪で37℃予想 西日本を中心に猛暑続く

ウェザーマップ 8月21日(日)11時39分配信

 きょう21日も、西日本を中心に猛烈な暑さとなる見込み。熱中症に、引き続き警戒が必要だ。

 21日は西日本を中心に強い日ざしが照りつけ、南から暖かい空気が流れ込んでいる。このため各地で午前中から気温が高く、午前11時現在の最高気温は、愛媛県大洲市で35.4℃、大阪で35.0℃など、西日本ではすでに35℃前後の厳しい暑さとなっている。午後も気温の高い状態が続くため、気象庁は34府県(八重山、宮古島、大東島地方含む)に高温注意情報を発表し、熱中症に厳重な警戒を呼びかけている。

<きょうの主な地点の予想最高気温>
 37℃ 大阪、岡山、佐賀、熊本、姫路(兵庫) 
 36℃ 山形、京都、広島、高松、高知、長崎など
 35℃ 名古屋、鳥取、松山、山口、福岡、大分など

 なお、厳しい暑さは、西日本を中心にこの先一週間ほどは続く予想となっている。引き続き、熱中症など健康管理に注意が必要だ。

最終更新:8月21日(日)12時9分

ウェザーマップ