ここから本文です

開幕からキレキレ! 得点王スアレスがハットトリック バルセロナ、3連覇に向け圧巻のゴールショーを披露

theWORLD(ザ・ワールド) 8/21(日) 3:10配信

バルサ、今季初得点は本調子のアルダ

リーガ・エスパニョーラ第1節が20日に行われ、バルセロナは本拠地カンプ・ノウでベティスと対戦した。リーガ・エスパニョーラ3連覇を目指すバルセロナは、MFイニエスタ、DFマスチェラーノが負傷、彼らの穴を新加入のMFデニス・スアレスとDFユムティティが埋めた。そしてマンチェスター・シティへの移籍が噂されるGKクラウディオ・ブラボがスタメンに名を連ねた。

試合は早々に動く。6分、右サイドのメッシがペナルティエリアの深い位置に走りこんだDFジョルディ・アルバにパスを通すと折り返しのクロスを送り込む。ゴール前のMFアルダが下がりながら右足で合わせてバルセロナが先制に成功した。だが敵地に乗り込んだベティスも意地を見せる。21分、ペナルティエリア手前の位置でFKを獲得するとFWルベン・カストロがゴール右隅に強烈なシュートを蹴りこむ。壁の間を抜けたボールはGKクラウディオ・ブラボの手に当たるも勢いは止まらず、ゴールネットに突き刺さった。

1度は追いつかれたバルセロナだったが、チームの攻撃をけん引する2人が本領を発揮する。36分、DFセルジ・ロベルトのパスを中央で受けたメッシは切り込みながらエリアの外から豪快なミドルシュートを放つ。ボールはゴールネットに吸い込まれ、勝ち越しに成功するとさらに42分、セルジ・ロベルトのアシストからFWスアレスが右足を振り抜いて追加点を重ねた。

2点をリードするバルセロナは後半立て続けに得点を奪う。56分、カウンター攻撃を仕掛けるとアルダとのパス交換でディフェンスラインを突破したメッシが、スアレスにラストパス。これを押し込んでスアレスが追加点をあげると57分には、メッシが再びミドルシュートから得点を重ねリードを4点差に広げた。

さらに82分、スアレスがFKから得点を決め、昨シーズンの得点王が開幕戦からハットトリックを達成。スアレスはリーガ・エスパニョーラで8度目のハットトリックを記録した。その後、84分にルベン・カストロにゴールを許するも試合はそのまま終了。バルセロナはベティスに1度追いつかれる展開となるも、結局6-2で快勝した。バルセロナは2009-10シーズン以来、8季連続で開幕戦を白星で飾っている。セルジ・ロベルトが2アシストを記録する活躍を見せ、アルダはスーペルコパの2ndレグに続き、公式戦2試合連続でゴールを決めている。

[メンバー]
バルセロナ:ブラボ、セルジ・ロベルト、ピケ、ユムティティ、ジョルディ・アルバ(→ディーニュ 76)、ブスケッツ、ラキティッチ、デニス・スアレス(→ムニル 70)、メッシ、スアレス、アルダ

ベティス:アダン、ペッツェッラ、マンディ、ブルーノ・ゴンサレス、ペトロス、セフード、マルタン(→ダニ・セバージョス 35)、グティエレス(→ミュソンダ 55)、ドゥルミシ、ルベン・カストロ、サナブリア

[スコア]
バルセロナ 6-2 ベティス

[得点者]
バルセロナ:アルダ(6)、メッシ(37、57)、スアレス(42、56、82)
ベティス:ルベン・カストロ(21、84)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/21(日) 4:29

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]