ここから本文です

中居正広「申し訳、ありませんでした」リーダーの言葉耳傾けるも「心痛い」

MusicVoice 8月21日(日)12時58分配信

 中居正広が20日、自身がパーソナリティを務めるニッポン放送『中居正広のSome girl’SMAP』に出演し、SMAP解散についてファンに謝罪。リオ五輪のキャスターも務める中居は、スポーツ関係者らへのお詫びのコメントも語った。稲垣吾郎、木村拓哉に続く3人目となるラジオでの報告となり、放送中からツイッターなどSNS上には多くの書き込みが見られ、「絶望的な気持ちになる」「中居くんのこと考えたら心痛い…」と悲痛な心境に陥る声が挙がった。一方、より解散が現実的になるなかで「中居くんの言葉しっかり受け止めたよ」と口惜しくも受け入れようとする声も。SMAPリーダーの言葉に耳を傾けている。

 中居は番組の冒頭、「どうも、こんばんは、中居です。ファンのみなさま、関係者のみなさま、我々SMAPが解散することをご報告させていただきます。ご迷惑をおかけしました。ご心配をおかけしました。お世話にもなりました。このような結果に至ったことをお許しください。申し訳、、、ありませんでした」とお詫びの言葉を淡々と語った。

 続けて「それともう一つ、この今、リオのオリンピックの期間中に、発表となったことをスポーツ関係者の皆様、アスリートの方々、それを支える方々、日本で、日本中で応援している方々、自分がキャスターとしてやらさせてもらっているにも関わらず、水を差すような時期だったことは申し訳なく思っております。深くお詫び申し上げます。申し訳ございませんでした」ともコメント。

 TBS系のリオ五輪特番で司会を務めている自身の立場を考え、前段のコメントより少し感情をのせたような語り口で、深いお詫びの気持ちを語った。

 この放送を多くのファンが耳を寄せて聴いた。放送中からSNSには多くの書き込みが見られ、「中居くんのラジオの言葉を聞いてつらい。こんなこと望んでないよ」「中居さんのラジオのコメントが何度も頭の中で繰り返されて、あぁ解散しちゃうんだ、って絶望的な気持ちになる」「ラジオとか、あんな感情のはいってない、文章を読んだだけで…中居くんのこと考えたら心痛い…」などと、稲垣、木村に続くラジオでの謝罪コメントの発表となり、心痛の想いを寄せるコメントが続いた。

 さらに、中居の声が淡々とした口調だったこともあり、「中居さんの考えがちゃんとあるのかな。オリンピックの件は、本当のお詫びに聞こえた。中居さんからの」という声の一方、「淡々とした肉声の音源をそのまま聞いた人は中居正広の本心からの解散だと思わない。だから中居くんはまだ戦ってるし諦めてないと分かる」と読み取る声も見られる。

 また、「やっぱりしっかりしている やっぱりリーダーにふさわしい人物」「中居くんの言葉しっかり受け止めたよ!」「連日のメンバーラジオが、昨日の慎吾ちゃん今日の中居君の生放送の姿に益々『SMAP孝行させて下さい!』って改めて思う今」などと、SMAP解散に嘆きつつも口惜しくも受け入れようとする声もみられた。

最終更新:8月21日(日)12時58分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。