ここから本文です

ももクロがプラネタリウムの”通な楽しみ方”を学ぶ

TOKYO FM+ 8月21日(日)17時0分配信

「ももいろクローバーZのSUZUKIハッピー・クローバー!」略して“ハピクロ”。ももいろクローバーZが贈る、“教養エンターテインメント・プログラム”です。毎週、様々なジャンルのプロフェッショナルな先生たちが登場して、「○○学」と題した、聴けばつい誰かに話したくなるアカデミーを開講中です。
2016年8月21日(日)は、「夢を描く、プラネタリウム学」のハピクロ・アカデミーを開講。
先生は、プラネタリウム・クリエイターの大平貴之さん。
最新技術を持ったプラネタリウムや、プラネタリウムの楽しみ方、デートに最適なプラネタリウムなど、クイズを織り交ぜながら紹介してくれました。

──”進化するプラネタリウム!”


あーりん:夜空って変わっていくんですか? 新しいプラネタリウムは何が変わるんですか?

大平先生:例えば、本物の空って肉眼では数千個しか星が見えないんですけど、実際に夜空で観測できる星って何千億個なんですよ。
それをどこまで近付けるかで、もっとリアルになっていったり、星の色を緻密に表現したり……。
あとは、本当の空では起こらないことをプラネタリウムでやりますね。

あーりん:お~~!

大平先生:いま、市川のほうでプラネタリウムやっていますけど。他の惑星に降り立って月の上で日食を見たりとか、木星の衛星の上で火山の噴火を見ながら星空を見るとか、そういう演出ができる機能をつけたり、体験できることの幅が広がっているんですね。

清野:我々が子供の頃に見ていたプラネタリウムとは違うんですね。

大平先生:全然違うといってもいいと思います。昔ながらのプラネタリウムもまだありますし、どっちもいいところがあるんですよね。

あーりん:既にプラネタリウムに行きたくなってきたんだけど!(笑)

ももか:ね~~(笑)。

──”プラネタリウムの違い!”


清野:先生からクイズを出題して頂きます、先生、お願いします。

大平先生:プラネタリウムに行ったときに、”ここを観ると違いがわかる!”というポイントはどこでしょうか?

あーりん:プラネタリウムの会場の大きさ! 私はアリーナくらい大きいところで観てみたいなと思ったので、そういう違いが楽しめたら、もっと楽しいのかなと思いました。

ももか:私は会場の形。ドーム状以外の場所でも、アーティストの方がライブでコラボレーションするという事は、いろんな形の会場でできるのかなと思ったときに、見え方が違うのかなと思いました。

あーりん:2人とも会場の話だったね(笑)。

清野:では先生、答えをお願いします!

1/3ページ

最終更新:8月21日(日)17時0分

TOKYO FM+

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。