ここから本文です

埼玉クイズ王決定戦、予選で敗者復活戦を導入 県、参加者を募集

埼玉新聞 8月21日(日)10時30分配信

 埼玉県は、埼玉の歴史や文化、観光地などに関するさまざまな問題を出題する「埼玉クイズ王決定戦」の参加者を募集している。

 5回目の今回は、初めて予選で敗者復活戦を導入する。事前に申し込みをすれば、12月23日のウェスタ川越会場や、来年1月15日のコクーンシティ会場(午前、午後)で敗退しても、同21日の秩父市歴史文化伝承館でリベンジマッチに挑むことができる。決勝は4カ所の予選会場から3チームずつが進み、2月26日にさいたまスーパーアリーナで行われる。

 クイズの出題方式は、早押し、3択、○×形式。監修と出題などを、アメリカ横断ウルトラクイズなどで優勝経験のある県職員能勢一幸さんが行う。

 参加費無料。県内在住などは問わない。中学生以上の参加者を含む3人一組で申し込む。小学生のみの場合は、全員が4年生以上であれば参加可能。優勝チームには台湾旅行が贈られる。

 応募は県観光サイト「ちょこたび埼玉」から。問い合わせは、県観光課(電話048・830・3955)へ。

最終更新:8月21日(日)10時30分

埼玉新聞