ここから本文です

浦和、川崎に1-2惜敗…2位に後退 大宮、仙台に2-1で競り勝つ

埼玉新聞 8月21日(日)10時30分配信

 J1第2ステージ第9節は埼玉スタジアムなどで行われ、浦和は川崎に1-2で惜敗。11戦ぶりの黒星を喫し得失点差で2位に後退した。大宮は仙台に2-1で競り勝った。

 多くの好機を生かせなかった浦和は、確実に加点した川崎に11試合ぶりの黒星を喫した。

 浦和は1―1の後半29分、ゴール前を細かいパスで崩されて川崎の森谷に勝ち越し点を許した。前半15分に先制されたものの、28分に森脇の右クロスのこぼれ球を李が押し込んで同点。その後も武藤らが何度かチャンスを迎えたがものにできず、逆に決勝点を与えた。

 大宮は仙台に同点に追い付かれ、数的不利にもなったが、江坂のゴールで勝ち越した。

 大宮は前半37分、ムルジャが獲得したPKを家長が決めて先制。だが、後半31分にCKから追い付かれた。32分には家長が一発退場したものの、44分に途中出場した清水の左クロスを江坂が直接合わせて決勝点を奪った。終盤の仙台の反撃から体を張って逃げ切った。

最終更新:8月21日(日)10時30分

埼玉新聞