ここから本文です

チェルシー、D・コスタの2戦連続決勝弾で連勝スタート! コンテ「交代策が功を奏した」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/21(日) 6:04配信

昨季の悪夢が嘘のように勝ちきるチェルシー

20日にプレミアリーグ第2節が行われ、開幕戦でサウサンプトンに引き分けたワトフォードがホームに白星発進を決めたチェルシーを迎え入れた。今季初勝利を挙げたいワトフォード。一方、チェルシーは昨季の汚名を返上するために、なんとしても連勝を決めたい一戦である。

試合前にウィリアンが負傷し、ペドロをスタメン起用したチェルシー。前半は一進一退の攻防を見せたが、後半の開始早々にまさかの先制を許してしまう。ワトフォードは55分、右サイドのクロスからファーサイドにフリーでいたカプーがボールを受けると、思い切って左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

このまま黙って負けるわけにはいかないチェルシーは80分、アザールの強烈なミドルシュートのこぼれ球に、途中出場のバチュアイが反応。落ち着いてゴールに流し込み、スコアをタイに戻した。

さらにチェルシーは87分、マティッチに代わって途中出場を果たしたセスクのロングボールで裏へ抜け出したD・コスタが独走。GKとの1対1を制し、土壇場でチェルシーが逆転に成功した。

試合はこのまま終了のホイッスルを迎え、D・コスタの2戦連続決勝弾でチェルシーが開幕2連勝を飾った。

そんな中、クラブの公式サイトによると、試合後にチェルシーの指揮官コンテは「勝利できてうれしいよ。交代策が功を奏したね。選手たちの献身性や姿勢、強い気持ちにはとても満足している。我々は良きファミリーであり、良きチームだよ」とコメントを残している。

チェルシーはこの勢い素のままに、スタートダッシュを決めることができるのだろうか。

[スターティングメンバー]
ワトフォード:ゴメス、ブリトス、プレドル、キャスカート、アムラバト、ベーラミ、カプー(→ドゥクレ 84)、グエディウラ(→ヴィードラ 88)、ホレバス(→スニガ 90)、ディーニー、イグハロ

チェルシー:クルトワ、イヴァノビッチ、ケイヒル、テリー、アスピリクエタ、カンテ、マティッチ(セスク 78)、オスカル(→バチュアイ 73)、ペドロ(→モーゼス 71)、アザール、ジエゴ・コスタ

[スコア]
ワトフォード 1-2 チェルシー

[得点者]
ワトフォード:カプー(55)
チェルシー:バチュアイ(80)、ジエゴ・コスタ(87)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/21(日) 6:04

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報