ここから本文です

清武、リーグデビュー戦で鮮烈なゴール! セビージャ、10得点が生まれるド派手な開幕戦で劇的な逆転勝利

theWORLD(ザ・ワールド) 8/21(日) 7:07配信

まるでお祭りサッカー、清武は1ゴール1アシスト

日本代表MF清武弘嗣が所属するセビージャは現地時間20日、リーガ・エスパニョーラ第1節でエスパニョールと対戦した。試合はセビージャの本拠地サンチェス・ピスフアンで行われ、清武は開幕節からスタメン出場のチャンスを掴んだ。

序盤からボールを保持して攻め込むセビージャだったが、カウンター攻撃から決定機を窺うエスパニョールに先取点を許してしまう。8分、レオ・バチストンの折り返しを受けたMFピアッティが滑り込みながらゴール左に流し込んで最初のシュートをゴールに結びつけた。先制点を奪われ、はやくも追いかける展開となったセビージャだが16分に決定機を迎える。右サイドのDFマリアーノからの高速クロスにMFサラビアがファーサイドで合わせてヘディングシュートを決め、同点に追いついた。

その後22分にセビージャはCKを得ると、キッカーのMF清武弘嗣が蹴りこんだボールにFWビエットが頭で合わせて勝ち越し点をあげた。清武はリーグデビュー戦でアシストを記録する。だがその4分後、再びカウンター攻撃から攻めこまれ、MFピアッティのクロスに後方から走りこんできたMFエルナン・ペレスがGKセルヒオ・リコの股を抜くシュートを決め、試合を振り出しに戻す。

前半終了間際、さらにスコアが動く。セビージャのゴール前まで押し込んだエスパニョールは、MFビルトル・サンチェスがゴールに流し込んで再びリードを広げるも、CKのこぼれ球をビエットが押し込んで同点に追いつく。前半だけでも激しい攻防戦を見せ3-3で試合を折り返す。

後半もセビージャの攻撃の勢いは衰えなかった。54分、MFサラビアが左サイドからクロスを送り込むと清武が相手DFを引きつけてスルー、駆け上がってきたMFフランコ・バスケスが狙いすましたシュートを決め、勝ち越しに成功する。すると66分、連携したパスワークで相手のディフェンスラインを突破しFWベン・イェデルが追加点を決める。

そして74分に待望の瞬間が訪れた。MFエヌゾンジからのパスを中央で受けたMFフランコ・バスケスが前線でタメをつくると、駆け上がってきた清武にラストパス。清武はGKロベルト・ヒメーネスの股を射抜くシュートを決め、リーガ・エスパニョーラデビュー戦で鮮烈な初ゴールを記録した。

その後、78分にエスパニョールのFWジェラール・モレーノがゴールを決め1点を返すも試合はタイムアップを迎える。セビージャは先制点を奪われるも、両チーム合わせて10得点が生まれるド派手な打ち合いを制して6-4でエスパニョールに勝利した。リーガ戦デビューとなった清武は、1ゴール1アシストの活躍を見せ、セビージャの大勝に貢献している。

[メンバー]
セビージャ:セルヒオ・リコ、マリアーノ、パレハ(→ディエゴ・ゴンサレス 83)、メルカード、ビトロ、エヌゾンジ、清武、フランコ・バスケス、サラビア、ベン・イェデル(→イボーラ 75)、ビエット(→コレア 80 )

エスパニョール:ロベルト・ヒメーネス、ハビ・ロペス、オスカル・ドゥアルテ(→シアニ 37)、アルバロ・ゴンサレス、ルベン・ドゥアルテ(→ハビ・フエゴ 69)、エルナン・ペレス(→レジェス 69)、ビクトル・サンチェス、ディオプ、ピアッティ、レオ・バチストン、ジェラール・モレーノ

[スコア]
セビージャ 6-4 エスパニョール

[得点者]
セビージャ:サラビア(16)、ビエット(22、47)、フランコ・バスケス(54)、イェデル(66)、清武(74)
エスパニョール:ピアッティ(8)、エルナン・ペレス(26)、ビクトル・サンチェス(44)、ジェラール・モレーノ(78)

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:8/21(日) 7:12

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]