ここから本文です

イタリア王者ユヴェントスが白星発進! デビュー戦決勝弾の怪物イグアイン「ファンからもらった喜びをゴールで返したい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/21(日) 7:28配信

セリエA6連覇へ向けて白星スタート

20日にセリエAの開幕戦が行われ、イタリア王者のユヴェントスと昨季5位のフィオレンティーナが対戦した。前人未到のセリエA6連覇を目指すユヴェントスは、ライバルチームから獲得し、今季の活躍が期待されるMFミラレム・ピャニッチやFWゴンサロ・イグアインをベンチスタートさせる。一方のフィオレンティーナは、元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子である18歳の新鋭FWフェデリコ・キエーザをスタメン起用。同選手はセリエAデビューを飾った。

試合は、開始からユヴェントスが主導権を握り、4分にチャンスを迎える。高い位置からプレッシャーをかけると相手GKのミスを誘発。ケディラがGKと1対1になるが、シュートはクロスバーの上を超えてしまった。しかし、ビッグチャンスを逃したケディラが37分に均衡を破る。ジョルジョ・キエッリーニの左からのアーリークロスにケディラが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。前半はこのまま終了。ユヴェントスが1点リードして試合を折り返した。

後半に入るとフィオレンティーナが反撃に出る。70分に右CKを得ると、ファーサイドにいたニコラ・カリニッチがクロスに頭で合わせ、スコアをタイに戻した。なお、ユヴェントスは2015年12月13日のフィオレンティーナ戦以来のホームでの失点となっている。

しかし、このまま引き分けで終わらないのが王者ユヴェントス。75分に後半から途中出場を果たしたイグアインが、ケディラのシュートのこぼれ球を押し込み、勝ち越しに成功した。このゴールが決勝点となり、ユヴェントスがフィオレンティーナに2-1で勝利。新シーズン、白星発進を決めた。

この日、ユヴェントスで公式戦デビューを飾り、決勝ゴールを挙げたイグアインは試合後のインタビューで「今日の試合、僕はとても落ち着いていたし、自身に満ち溢れていた。試合に勝つことができてうれしいよ。ファンからもらった喜びを、ゴールとトロフィーを獲得することで恩返しをしたいと思っているんだ」とコメント。クラブの公式Twitterなどが伝えている。

イタリアの絶対王者ユヴェントスは開幕戦に勝利し、セリエA6連覇に向けて好スタートを切った。一方、フィオレンティーナは気持ちを切り替え、第2節のキエーボ戦で今季初勝利を挙げたいところだ。

[スターティングメンバー]
ユヴェントス:ブッフォン、バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニ、D・アウベス、ケディラ(→エルナネス 88)、レミナ、アサモア、A・サンドロ、ディバラ(→エブラ 85)、マンジュキッチ(→イグアイン 66)

フィオレンティーナ:レゼリーニ、トモビッチ、G・ロドリゲス、アストーリ、ベルナルデスキ、ベシーノ、バデリ(→モレーノ 65)、M・アロンソ、キエーザ(→テージョ 46)、イリチッチ(→G・ロッシ 80)、カリニッチ

[スコア]
ユヴェントス 2-1 フィオレンティーナ

[得点者]
ユヴェントス:ケディラ(37)、イグアイン(75)
フィオレンティーナ:カリニッチ(70)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/21(日) 7:30

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報