ここから本文です

【MLB】イチロー、相手好守に阻まれた幻の2安打 一気に歴代27位タイ到達も幻

Full-Count 8/21(日) 12:31配信

第2打席に右翼線二塁打で通算3008安打も、わずかにあった3010安打の可能性

 2試合ぶりに先発した20日(日本時間21日)敵地でのパイレーツ戦で、メジャー通算3008安打としたマーリンズのイチロー外野手。第2打席に右翼二塁打を放ち、4打数1安打で勝利に貢献したが、実は相手好守に阻まれ2安打分も損をしていた。

MLBの歴史に名を残すイチロー…MLB歴代通算安打&盗塁数ベスト50、日米年度別成績一覧

 2回1死一塁で迎えた第1打席。イチローはパイレーツ先発クールの初球94マイル(約151キロ)ツーシームを捉えた。左中間を破る二塁打になりそうな鋭いライナー性の打球が飛んだが、俊足を誇る中堅マカッチェンがダイビングキャッチ。自らの十八番を奪われたような美技で、まず1安打を阻止された。

 第3打席も相手守備に軍配が上がった。7回先頭で打席に立ったイチローは、2番手ロックの初球を技ありのセフティバント。打球を一塁線に絶妙に転がすと一塁へ疾走したが、一塁ジェイソが素速く反応した。守備の定位置からダッシュして捕球すると、タッチをかいくぐりながら一塁ベースを左腕で触ろうとするイチローの左肩に、飛びつきながらタッチ。紙一重の差でアウトとなった。

 スポーツの世界に「たられば」はないが、もしこの2つのプレーが安打になっていれば3安打で、歴代27位ウェイド・ボッグスの3010安打に並んでいた可能性もあった。

 自らも好守で何度も安打性の打球をアウトにしてきた背番号51。この日はパイレーツの守りに一泡吹かされた形になった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8/21(日) 12:31

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。