ここから本文です

岩波が神戸サポーターによる藤春へのブーイングに言及「日本のために戦った大事な仲間」

theWORLD(ザ・ワールド) 8月21日(日)10時10分配信

「疑問に残りました」

Jリーグ2ndステージ第9節が20日に各地で開催され、リオデジャネイロオリンピックを戦ったU-23日本代表メンバーも各クラブで出場を果たしている。

吹田スタジアムではガンバ大阪とヴィッセル神戸による関西ダービーが行われ、神戸はDF岩波拓也がスターティングメンバーとして出場。対するホームのG大阪は、オーバーエイジ選手としてオリンピックに参戦したDF藤春廣輝が後半からピッチに立ったが、コロンビア戦で痛恨のオウンゴールを献上した同選手には、ボールを持つたびに神戸サポーターから大きなブーイングが送られた。

しかし試合後、U-23日本代表でチームメイトとして共にオリンピックを戦った神戸DF岩波は、1-0で勝利した試合を振り返り「久しぶりの試合。勝つことができてよかった! プレイできる喜びを感じた90分でした。これからも勝って上にいけるように頑張りたいと思います」と喜んだものの、「しかし神戸サポーターのはるくん(藤春)へのブーイングは僕としては疑問に残りました」とコメント。「チームへの熱い応援には感謝しています」と伝えながらも、藤春については「日本のために戦った大事な仲間です!」と綴っている。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8月21日(日)10時10分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]