ここから本文です

日ハム大谷が先制打、好判断で一気に二塁へ 「攻・走」でSBに先制パンチ

Full-Count 8月21日(日)14時36分配信

首位攻防戦で2試合連続の先制打

 日本ハムの大谷翔平投手が21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で先制タイムリーを放った。

「3番・DH」でスタメン出場。初回1死二塁。岩嵜に2球で追い込まれたが、ここからファウルで6球粘った。2ボール2ストライクからの11球目。体勢を崩されながらも外角への甘いカーブを中前へ打ち返した。2試合連続の先制打となった。

 さらに、深めに守った中堅・柳田と打球が高く弾んだのを見て一気に二塁へ。中前適時二塁打とした。まずは「攻・走」でホークスへ先制パンチを浴びせた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月21日(日)14時40分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。