ここから本文です

マンCで苦しむハート、リヴァプールでのプレイはいかが? キャラガー氏「アンフィールドで見たい」

theWORLD(ザ・ワールド) 8/21(日) 16:20配信

ベンチ生活が続くハート

指揮官ジョゼップ・グアルディオラのプランに入っていないと言われているマンチェスター・シティGKジョー・ハートは、今夏にクラブを退団する可能性も噂されている。ハートにとっては厳しい状況だが、現在もエヴァートンやセビージャらが興味を示していると言われており、ハートを欲しがるクラブは存在する。

元リヴァプールDFで解説を務めるジェイミー・キャラガー氏もハートを評価している人物の1人だ。英『Daily Mail』によると、キャラガー氏はハートに好印象を抱いており、「リヴァプールサポーターとして言うなら、私は彼をアンフィールドで見たいね」とコメント。リヴァプールのゴールをハートが守る姿に期待しているようだ。

ハートはマンCでスタメンを失っただけでなく、今夏フランスで開催されたEURO2016でのパフォーマンスも評価されていない。ウェールズ代表FWガレス・ベイルに決められたフリーキックなど、どこかすっきりしないパフォーマンスだったのは事実だ。

しかしキャラガー氏はマンCでのこれまでのパフォーマンスも含めて評価したいと語り、最近のネガティブな話題については気にしていない。特に2014-15シーズンのチャンピオンズリーグ・バルセロナ戦で見せたスーパーセーブの連続がキャラガー氏の脳裏に焼き付いているようで、それと同じ姿をアンフィールドで見たいという気持ちもあるようだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:8/21(日) 16:20

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]