ここから本文です

日ハムのレアードが痛恨の“空振り” 今宮にタッチできず、その後同点に

Full-Count 8月21日(日)15時38分配信

今宮を三本間に挟むも…

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で痛恨の“空振り”を喫した。

 2点リードの3回無死一、三塁の守り。内川の打球は一塁・中田の正面へ。中田は本塁へ送球し、三塁走者・今宮を挟んだ。捕手・大野がジリジリと三塁側へつめて三塁・レアードへ送球。レアードはタッチをしようとしたが、三塁へスパートした今宮をタッチ出来なかった。

 記録は中田の野選。無死満塁のピンチを招き、続く松田の押し出し四球で1点差に。さらに1死後、川島の併殺崩れの間に同点に追いつかれた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月21日(日)15時41分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]