ここから本文です

広島6連勝で巨人と8差 ヘーゲンズが快投で先発初勝利、田中が貴重な2ラン

Full-Count 8月21日(日)20時50分配信

来日2度目の先発のヘーゲンズは6回無失点、救援陣も盤石リレー

 広島は21日、本拠地でのヤクルト戦に3-0で勝利し、6連勝を飾った。来日2度目の先発登板となったヘーゲンズが、5回までノーヒットに抑えるなど6回1安打無失点の好投。先発での初勝利を挙げた。打線は5安打3得点にとどまったが、7回に田中が貴重な2ラン。救援陣もヤクルト打線を抑えこみ、勝利をもぎ取った。

 ヘーゲンズは初回を3者凡退に抑えると、2回も完璧なピッチング。すると、広島打線は2回、ヤクルト先発・山中から1死二、三塁とチャンスを作り、安部がセンターへ犠飛。先制点を奪った。

 ヘーゲンズは3回も3者凡退で、1巡目をパーフェクトに抑える。4回は2死から坂口に四球を与えて初めての走者を出したが、バレンティンを三ゴロに仕留めて無失点。5回は指先を気にするしぐさを見せ、2四球を与えたが、併殺打や牽制でピンチを切り抜け、ノーヒットピッチングを続けた。

 6回も続投したヘーゲンズは、先頭の西田に二塁内野安打で初ヒットを許す。山中は犠打で二塁に走者を進められると、西浦に四球で一、二塁とされたが、上田を遊ゴロ併殺打に仕留めて切り抜けた。

 7回は今村が登板し3者凡退。すると、その裏、田中が山中からライトへ2ランを叩き込み、貴重な追加点を奪った。

 8回はジャクソン、9回は中崎とつなぎ、盤石のリレーで快勝。ヘーゲンズに6勝目(2敗)がつき、チームは6連勝となった。2位・巨人が敗れたため、ゲーム差は「8」に広がった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:8月21日(日)20時53分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報