ここから本文です

DTM第11戦モスクワ:雨の中の激走でウィケンスが今季2勝目

オートスポーツweb 8/21(日) 5:24配信

 ロシア・モスクワで開催されているドイツ・ツーリングカー選手権(DTM)。20日に行われた第11戦は、ロバート・ウィケンス(メルセデスAMG C63 DTM)が今季2勝目を挙げ、ランキングトップに立った。

 夏休みを終え、約1カ月ぶりの開催となるDTM。後半の初戦はモスクワ・レースウェイが舞台となる。

 ウエットコンディションで争われた予選は、ゲイリー・パフェット(メルセデスAMG C63 DTM)が2番手のウィケンスに0.6秒差をつけポールポジションを獲得。3番手にポール・ディ・レスタ、4番手にはマキシミリアン・ゴッツが続きメルセデス勢が上位を占める結果となった。

 40分+1周の土曜日レースは、降雨のためセーフティカー先導でレースはスタート。残り約32分となる4周目にグリーンフラッグは振られる。

 スタートはトップを死守したパフェットだったが、3コーナーでウィケンスにオーバーテイクされ後退。さらに8周目に入ったところでディ・レスタにも交わされ3番手に下がる。

 トップに立ったウィケンスは、後続を引き離し13周を終えたところで2番手のディ・レスタに11秒6のリードを築きレースをコントロールする。

 雨はさらに強くなり、コースに留まることが難しいくらいの路面コンディションとなる。上位陣は無理をせず、順位変動のないままチェッカーを迎え、ウィケンスが今季2勝目を挙げた。

 2位にディ・レスタ、3位にパフェット、4位にゴッツが入りメルセデス勢が1-2-3-4。5位にアウディのマティアス。エクストロームが入った。

「本当に難しいコンディションだった。ゲイリーを交わした後に、視界が良くなったことが成功のカギになったね」とウィケンスはコメントしている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8/21(日) 5:24

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。