ここから本文です

JRP、2レース制の第5戦岡山レースフォーマットを変更。金曜の専有走行はなし

オートスポーツweb 8月21日(日)9時35分配信

 全日本スーパーフォーミュラ選手権をプロモートする日本レースプロモーション(JRP)は20日、9月10日~11日に開催するシリーズ第5戦岡山のレースフォーマットを一部変更すると発表した。

 当初はオートポリスでの開催が予定されていた今季のスーパーフォーミュラ第5戦。しかし4月に発生した平成28年熊本地震の影響でコースや施設がダメージを受けたことを受け、JRPは7月に代替レースについて発表。岡山国際サーキットで2レースを実施するとしていた。

 この発表時には、決勝レース距離や予選に関する概要が発表されていたが、今回は、より細かなレースフォーマットが発表された。

 まず、今季から実施されている金曜日の専有走行は実施されず、土曜日に60分間のフリー走行と20分間の時間予選を実施。その後、30周の決勝レースが行われる。

 日曜日のフリー走行は行われずに、ノックアウト予選を実施。その後、タイヤ交換義務のある51周の決勝レースが行われる。なお、予選はQ2まで行われ、20分間のQ1で9台がノックアウト、10分間のインターバルを経て、ポールポジションを決める10分間のQ2が行われる。

 第5戦岡山で使用できるタイヤは、ドライタイヤが新品4セットともてぎ大会からの持ち込み2セットの合計6セット。ウエットが4セットなる。なお、ドライタイヤの「持ち込みタイヤの種別は限定しない」とされており、ソフトタイヤを持ち越すことも可能だが、公式予選、決勝レースで使用することはできないとされたほか、暫定のタイムスケジュールも公開された。

 詳細は以下のとおり。

■2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第5戦 岡山国際サーキット
●開催日:2016年9月9日(金)・10日(土)・11日(日)

●会場:岡山国際サーキット(3.703km)

●予選・レースフォーマット
・金曜日の専有走行はなし。
・土曜日に60分間のフリー走行、20分の時間予選と決勝レース。
・日曜日にノックアウト予選(Q2まで)と決勝レース。
・スタート練習は、土曜日のフリー走行1時間で予選となること、日曜日にはフリー走行を実施しないことから、今大会では設定しない。 

●タイヤ
・ドライタイヤ6セット(New4セット、前大会からの持ち越し2セット)
※前大会(もてぎ大会)からの持ち越しタイヤの種別は限定しない。
※ただし、公式予選、決勝レースでの持ち越しソフトタイヤの使用はできないものとする。
・ウエットタイヤ4セット
・日曜日のレース(Race2)では、決勝レース中のタイヤ交換を1回以上実施しなければならない。この場合のタイヤ交換とは、装着された1セット(4本)のドライタイヤから別の1セット(4本)のドライタイヤまたはウエットタイヤへの交換を指すものとする。

●暫定スケジュール(スケジュールは主催者で調整中につき、変更の場合あり)
9月10日(土)
7:15~8:15 公式車検、タイヤマーキング
9:00~10:00 フリー走行
11:00~11:20 公式予選(20分間の時間予選)
14:15~14:45 Race1 出走前点検
14:45~15:30 Race1 スタート進行
15:30~ Race1 決勝(30Laps/111.09km)

11日(日)
9:50~10:30 公式予選(ノックアウト方式・Q2まで)
Q1/20分 全車出走。9台がノックアウト。Race2決勝グリッド11位~19位が決定。
インターバル10分

Q2/10分 10台が進出。Race2決勝グリッド1位~10位が決定。

13:45~14:15 Race2 出走前点検
14:15~15:00 Race2 スタート進行
15:00~ Race2 決勝(51Laps/188.85km、タイヤ交換義務あり)

●選手権ポイント
1位:5
2位:4
3位:3
4位:2.5
5位:2
6位:1.5
7位:1
8位:0.5
PP:1
(Race1、Race2とも)
※賞金もそれぞれのレースで半分ずつ。

[オートスポーツweb ]

最終更新:8月21日(日)10時54分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]