ここから本文です

SFもてぎ:“ルーキー”関口が盤石の走りで初優勝。ピット作業では数チームにアクシデント

オートスポーツweb 8/21(日) 17:23配信

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第4戦もてぎは、ポールポジションからスタートした関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が終始リードを保ち、参戦4戦目にして自身初優勝を飾った。

 スターティンググリッドに並んだ全19台のなかで、グリッド中団に並ぶジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、塚越広大(REAL RACING)、ウィリアム・ブラー(KONDO RACING)、小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)、ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)の6台がミディアムタイヤを選択。残る16台は今大会のみに投入されているソフトタイヤを選択して、レースがスタートした。

 ホールショットを決めた関口に対し、フロントロウにつけていた石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)は失速、その横をアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)と野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がかわしていく。

 オープニングラップを終えた段階でのトップ3は関口、ロッテラー、野尻、石浦となる。また8番手からスタートした山本尚貴(TEAM 無限)はスタート直後の1コーナーでコースオフ。最後尾付近まで後退してしまう。

 関口とロッテラーの2台がハイペースで逃げる後ろで、野尻以降は接近した状態となる。しかし5周目、3番手を走っていた野尻が突然スロー走行。トラブルか、そのままピットへ戻るとガレージにマシンを収めてしまった。

 メカニックたちは懸命に修理を試み、また野尻もコクピットから降りずに待機していたが、コースへ復帰することは叶わず、リタイアとなった。

 この直後には、オリベイラが90度コーナー付近でトラブルからか、突如ペースダウンすると、そのままピットイン。チームはステアリング交換などを試みるが、トラブルを解消できずにリタイア。オリベイラはマシンを降りるとグローブを地面に叩きつけ、怒りを露わにしながらガレージ奥へと向かっていった。

 12周目を過ぎたあたりから、ルーティンのピット作業を行うチームが現れはじめるが、ピット作業でトラブルが多発した。

 先陣を切ってピットインしたナレイン・カーティケヤン(SUNOCO Team LeMans)は左フロントタイヤがうまく外れず50秒以上のピット作業となり、大きく後退してしまう。その翌周にピットへ向かった塚越広大(REAL RACING)もタイヤ交換に時間を要してしまう。
 
 また、14周目にはピットインしたベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)は、給油ホースを引き抜く際、給油リグの先端部が外れてしまうアクシデントが発生。バゲットは先端部をつけたままコースへ復帰してしまい、翌周にふたたびピットイン。こちらも大きく順位を落としてしまった。

 トップ3の争いは野尻が戦列を離れたことで、4番手に後退していた石浦がペースアップ。自己ベストタイムを更新しながら、前を走るロッテラーとの差を大きく削り始める。16周目にはその差が1秒を切るが、もてぎはオーバーテイクが難しいサーキットということもあり、こう着状態が続く。

 後方の2台がバトルを展開していることもあり、首位の関口と2番手ロッテラーとの差は、23周目には10秒まで拡大する。1分37秒台~38秒前半のタイムをキープして周回を重ねる関口は、34周を終えてピットイン。チームも素早い作業でミディアムタイヤに交換、5番手でコースへと復帰した。

 前を走る4台がタイヤ交換のためにピットへと入った38周目に、関口は再びトップへ。残り14周は2番手につけるロッテラーとの差を7秒前後にコントロールしながら走りきると、ファイナルラップの90度コーナーではコースサイドのファンに手を振る余裕もみせてチェッカー。国内トップフォーミュラ参戦から、わずか4戦目にして初優勝を飾った。

 ロッテラーと石浦による2位争いは、36周目にロッテラーが、37周目に石浦がそれぞれピット作業を済ませた後も白熱。いったんは4秒以上に広がった差が、終盤には再び1秒を切る戦いとなる。

 しかし、最後まで石浦の猛攻をしのぎ切ったロッテラーが2位で今季初表彰台を獲得。3位の石浦は第2戦岡山での優勝以来、今季2度目の表彰台獲得となった。4位に国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)、5位にジェームス・ロシター(KONDO RACING)とトヨタエンジン勢が続き、ホンダエンジン勢最上位はストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の6位となっている。




[オートスポーツweb ]

最終更新:8/22(月) 16:12

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。