ここから本文です

ごみから金見つけた! 富山で小中学生環境教室

北日本新聞 8/21(日) 21:58配信

■不要電子基板から分離実験

 富山市エコキッズ環境教室「純金をさがそう-ごみから採れた純金をプレゼント」が21日、同市の富山高専本郷キャンパスで開かれ、小中学生と保護者16組32人が不要になった電子基板から純金を取り出す実験に取り組んだ。

 夏休みに環境保護への意識を高めてもらおうと市が企画。同校で廃棄されたパソコンから純金を取り出す方法を確立した河合孝恵教授(物質化学工学科)が講師となり、金と他の金属を比較しながら性質を説明した。

 参加者はさまざまな金属類が混じった廃材の中から電子基板を探し、金メッキが施された端子部分を工具で切り離した。河合教授が試験管に入れ、希酸に浸すと、金が剥がれる様子が確認できた。ろ過、乾燥後に子どもたちが丁寧に容器に移し、鑑定書と一緒に持ち帰った。

北日本新聞社

最終更新:8/21(日) 21:58

北日本新聞