ここから本文です

ロッテが連敗を4で止める 涌井が10勝目、2年連続7度目の2ケタ勝利!

ベースボールキング 8/21(日) 22:01配信

● 西武 7 - 8 ロッテ ○
<19回戦・西武プリンスドーム>

 ロッテ打線が16安打で8点を奪い勝利。先発の涌井は7回4失点で10勝目(5敗)を挙げ、15勝で最多勝に輝いた昨年に続き2年連続の2ケタ勝利に到達。これで西武時代と合わせ7度目の10勝クリアとなった。

 涌井は初回、西武打線に足で揺さぶられ一死一、三塁のピンチを招くと、4番メヒアに右犠飛を許し失点。それでも2回以降は落ち着きを取り戻し、好調な西武打線に連打を許さなかった。

 すると1-1の5回に打線が爆発。無死一塁から4番デスパイネの20号2ランで勝ち越すと、7番清田の左前適時打で4点目。その後も9番平沢、代打・井上が適時打を放つなど打線が繋がり、一挙7安打7得点のビッグイニングを作った。

 大量援護を受けた涌井は、8番山川に2打席連続本塁打を浴びるなど5回以降は毎回失点したが、それでも1失点ずつと大崩れせず7回4失点で降板。8回は南、9回は益田が1点差に迫られたが、何とかリードを守り抜いた。

 西武は山川が2本塁打を含む3安打4打点の活躍を見せるも反撃及ばず。先発の高橋光が5回途中6失点と崩れ、リーグワーストに並ぶ10敗目(4勝)を喫した。

BASEBALL KING

最終更新:8/21(日) 22:11

ベースボールキング

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。