ここから本文です

新聞の活用法学ぶ 明祥が若手社員研修

北國新聞社 8月21日(日)2時50分配信

 明祥(金沢市)の若手社員研修が20日、同社で行われ、入社1~3年目の27人が新聞を効率的に読む方法や、記事スタイルを参考にした分かりやすいビジネス文書の書き方などに理解を深めた=写真。

 新聞を仕事に活用するNIB(Newspaper in Business)の取り組みとして、北國新聞社の佐々木玲子NIB担当が講師を務めた。

 新聞を読む意義や、地方紙と全国紙の特長などを説明し「地方紙には地域で働く皆さんに役立つ情報が詰まっており、コミュニケーション力を高めるネタ帳にもなる」と語った。

 記事に見出しをつけたり、記事を読んで自分の考えをまとめる課題にも挑戦した参加者からは「忙しくても毎朝、新聞に目を通す習慣をつけたい」との声が聞かれた。

 北國新聞社は、石川県内の企業・団体を対象に、新聞を仕事に活用するための「NIB講座」を無料で実施している。受講申し込みはNIB担当・電話=076(260)3564、ファクス=076(260)3422=まで。

北國新聞社

最終更新:8月21日(日)2時50分

北國新聞社