ここから本文です

浅野に労働許可下りず、今季はレンタル移籍へ アーセナル指揮官が認める

SOCCER KING 8/21(日) 10:36配信

 アーセナルに所属する日本代表FW浅野拓磨が、プレミアリーグの労働許可証を獲得できないことが明らかとなった。20日付のイギリス紙『メトロ』が伝えている。

 今夏、サンフレッチェ広島から移籍金500万ポンド(約6億6000万円)でアーセナルへ移籍することが決まった浅野。しかしながら、プレミアリーグではEU外国籍の選手については契約を一部制限しており、労働許可証を獲得しなければプレーできない可能性がある。

 同紙によると、2016-17シーズンは浅野に労働許可が下りない模様。ヴェンゲル監督は「浅野は大いに期待している選手だ。私は彼の面倒を見ていくつもりだし、適したクラブに行ってもらうことを確信している」と話し、レンタル移籍の可能性を示唆した。

 また、労働許可証が獲得できなかったことについては「移籍金が5000万ポンド(約65億6000万円)に満たなかったからだ」と、移籍金の額が大きな要因だったと明かしている。

SOCCER KING

最終更新:8/21(日) 11:33

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

なぜ今? 首相主導の働き方改革