ここから本文です

ベンテケ、クリスタル・パレスへの移籍決定 本人は加入先を間違える

SOCCER KING 8月21日(日)14時26分配信

 クリスタル・パレスは20日、リヴァプールからベルギー代表FWクリスティアン・ベンテケを獲得したと発表した。契約は4年間で、移籍金については非公開となっている。

 現在25歳のベンテケは昨夏、移籍金3250万ポンド(約43億円)でアストン・ヴィラからリヴァプールへ加入。2015-16シーズンのプレミアリーグで9ゴールをマークした。しかし、指揮官のユルゲン・クロップ監督からの評価は低く、動向に注目が集まっていた。

 クリスタル・パレスは今夏の移籍市場で、イングランド代表MFアンドロス・タウンゼント、イングランド人DFジェームズ・トムキンス、フランス代表GKスティーヴ・マンダンダを獲得。しかし、プレミアリーグでは連敗スタートとなり、いまだに無得点が続いている。

 加入が決まり、得点に期待がかかるベンテケ。しかし、イギリス紙『ガーディアン』などは同選手が自身のツイッター上で、加入先をクリスタル・パレスではなくバーンリーと記載したことを報じた。ベンテケもすぐにこの間違いに気づき、「おお、僕が悪かった。僕はクリスタル・パレスと契約したんだ。バーンリーじゃないよね。僕のツイッターを管理している人の小さなミスだ。申し訳ない」と謝罪。所属先を訂正した。

SOCCER KING

最終更新:8月21日(日)14時26分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。