ここから本文です

チェルシー、今夏のルカク獲得は失敗? 次の狙いはマンジュキッチか

SOCCER KING 8月21日(日)16時41分配信

 チェルシーは、ユヴェントスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの獲得に興味を示していることが明らかとなった。20日付のイギリス紙『デイリーミラー』が報じている。

 チェルシーは今夏、エヴァートンに所属するベルギー代表FWロメル・ルカク獲得に乗り出しており、一時は移籍金5700万ポンド(約74億7000万円)でのオファーが受け入れられたと報じられていた。しかしながら、同紙によると、エヴァートンの引き留めなどにより状況は一転。ルカク本人が今夏のエヴァートン残留の意志を表明したようだ。

 これを受けて、チェルシーのアントニオ・コンテ監督はマンジュキッチ獲得に着手。移籍金は2500万ポンド(約32億8000万円)と見込まれており、エヴァートンがルカクに設定していた移籍金7500万ポンド(約98億3000万円)のちょうど3分の1にあたる。

 今夏、ストライカーの補強を目指しているチェルシー。ベルギー代表FWミヒー・バチュアイの獲得には成功したが、レアル・マドリードに所属するスペイン代表FWアルバロ・モラタ獲得は失敗していた。3人目のターゲットとなるマンジュキッチをチームに加えることはできるのだろうか。

SOCCER KING

最終更新:8月21日(日)16時49分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。