ここから本文です

レスターFW岡崎、無得点も地元紙は献身性を評価「素晴らしい努力」

SOCCER KING 8月21日(日)16時47分配信

 日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターは、20日に行われたプレミアリーグ第2節でアーセナルと対戦し、0-0のスコアレスドローでゲームを終えた。試合後、イギリス各紙は今シーズンのリーグ戦で初となる先発出場を果たした岡崎を採点している。

 レスターのクラウディオ・ラニエリ監督は、岡崎を2トップの一角としてスタメン起用。しかし得点を挙げることはできず、67分で交代となっている。

 地元紙『レスターマーキュリー』は岡崎に「7」の評価(最高10点)。ノーゴールに終わったものの、「日本の小さなストライカーは、素晴らしい努力をした。グラウンドを走り回り、(交代時に)スタンディングオベーションが与えられた」とコメントが添えられ、昨シーズンと変わらないチームへの献身性を評価した。なお、2トップのコンビを組んだイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディに対しては評価「8」が与えられている。

 また、イギリス紙『デイリーメール』は岡崎にやや厳しめとなる「6」の評価。チーム最高評価は、何度も相手シュートをブロックしたジャマイカ代表DFウェズ・モーガンの「8」。最低評価は右サイドバックで出場したイングランド人DFダニー・シンプソンで、「5.5」が与えられた。

 レスターは次節、27日にホームでスウォンジーと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月21日(日)16時55分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。