ここから本文です

デビュー戦で決勝点 イグアインがユーヴェファンに感謝「恩返ししたい」

SOCCER KING 8月21日(日)17時49分配信

 ユヴェントスは20日、セリエA第1節でフィオレンティーナとホームで対戦。この試合で決勝点を挙げたアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがデビュー戦について語った。21日、同クラブ公式サイトがコメントを伝えている。

 試合は37分にサミ・ケディラの得点でユヴェントスが先制に成功したが、後半に入って70分にフィオレンティーナが同点に追いつく展開。しかしながら、75分に後半途中から出場していたイグアインが左足で決勝点を挙げ、王者ユヴェントスが白星スタートを切った。

 イグアインは「このスタジアムに来ることができて幸せに感じている。ファンは僕に全ての愛情を注いでくれたし、勝利やタイトルで恩返しがしたい。素晴らしいスタートが切れたことが重要だ。幸運なことに今日は何とか得点もできたしね」と振り返り、声援を送ってくれたファンに感謝した。

 また、「ユヴェントスは高度に組織された環境があるし、欲望と勝ちに対するメンタリティーがある。新たなゲームプラン、新たなフォーメーションだけど、今までもそれをこなしてきた。日々改善していけるように努力するよ」と続け、チームにもっとフィットしていくために修正していきたいと明かした。

 次節、ユヴェントスは27日に敵地でラツィオと対戦する。

SOCCER KING

最終更新:8月21日(日)17時53分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。