ここから本文です

リオ五輪バックアップメンバーから復帰…柏DF中谷「いつもよりワクワクしました」

ゲキサカ 8月21日(日)7時0分配信

[8.20 J1第2ステージ第9節 柏3-1名古屋 柏]

 リオデジャネイロ五輪にバックアップメンバーとして帯同していた柏レイソルのDF中谷進之介。チームのグループリーグ敗退を受けて柏に帰還、名古屋グランパスでは、リオデジャネイロ五輪メンバーのGK中村航輔とともに先発に名を連ねた。「いつもよりワクワクしました」。3試合ぶりのJのピッチを、中谷は心待ちにしていた。

 試合は前半から柏のペースで進んだ。攻めてはシュート11本。中谷も最終ラインから前線に配給し、ロングボールでFWディエゴ・オリヴェイラ、FWクリスティアーノのチャンスシーンをつくりだした。また、守っては名古屋をシュート1本におさえ、中谷はDF中山雄太とともに快足FW永井謙佑のケアに務めた。

 それでも0-0のまま後半に入る。「攻めあぐねていたので、このまま点を取れなかったら失点するかなと思ってずっとやっていた」。中谷の脳裏に嫌な流れが去来したが、チームは後半13分にFW伊東純也が先制。その後、クリスティアーノ、ディエゴ・オリヴェイラが加点し、3-0とリードする。

 しかし、FW川又堅碁に追撃のゴールを許し、3-1で試合終了。惜しくもチーム5試合ぶりの無失点とはならなかった。「今日の相手だったら勝たないといけなかったし、もっといい内容にできた」。若きディフェンスリーダーは満足することはない。柏は前2試合で連敗を喫していたが中谷は欠場。中谷が出場した試合に限れば、名古屋戦で連勝は4に。柏に頼もしい若きディフェンスリーガーが帰ってきた。

最終更新:8月21日(日)7時0分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。