ここから本文です

前半スコアレスでも後半に3失点…GK楢崎「あっさりやられている」

ゲキサカ 8/21(日) 7:10配信

[8.20 J1第2ステージ第9節 柏3-1名古屋 柏]

「相手に上手くやらせ過ぎている」。ほとんどいいところなく敗れてしまった試合展開に、名古屋グランパスのGK楢崎正剛は唇をかんだ。

 柏レイソルにボールを支配された名古屋。前半だけで11本のシュートを浴び、決定的な場面もつくられたが、5バックで守る最終ラインが体を張って無失点で最初の45分を終えていた。「ネジを巻いて」(小倉隆史監督)臨んだ後半だったが、13分にFW伊東純也に先制点を許してしまう。伊東の得点シーンでは、名古屋の守備陣の人数が揃ったにもかかわらず足が止まり、やすやすとゴールを陥れられた。その後も、セットプレーとカウンターから立て続けに失点を重ねた。「あっさりやられている」と楢崎はそう印象を語る。

「前半のように守れるかというと(後半は)厳しい」。この日でJ1通算623試合目を数えた守護神にとってははがゆい内容になった。「(川又)堅碁が1点取ったけど、3点取られたあと」。ポジティブな言葉は出てこなかった。

 リーグ優勝1回、1992年のJリーグ発足時から加盟する“オリジナル10”の中でも降格経験のない3チームの1つに数えられる名門チームが、正念場に立たされている。

最終更新:8/22(月) 10:37

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]